かわさき いづみ こころに花を Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

優しさに包まれた一日

「白く見えるのは、薄い雲です。」
そう言うバスの運転手さんの言葉を後に、やって来ました4か月ぶりの三峰山。

雲がかったお山を見ては、いつかあそこに行ってみたいとずっと思っていたけれど、
今はこんなに身近に。

氣になっていただけあって、その幻想的な風景を前にすると、
なんとも言えない心地よい感覚に包まれます。

RIMG2480.jpg

入学式も卒業式も成人式も、晴れの舞台は雨雨雨。
何で大事な時にいつも雨が降るのか。

子供の頃は、それが憂鬱だったけれど、
今はとっても大好きな天氣。

RIMG2491.jpg

天を見上げると、遠くの空には薄明り。

この雲の上に、お日様は変わらず輝いているのでしょう。
姿見えなくとも感じられる、大きな存在です。

RIMG2504.jpg

優しい木々に包まれながら、私たちはまるで公園を散歩しているように歩いていました。
二人とも、このお山に馴染みすぎていて、山に登っているという感覚がありませんでした。

でも、そんな場所があるというのは本当にありがたいです。

RIMG2507.jpg

本当は、別のお山に行くはずだったけれど、ハプニングがありこのお山へ。

表参道の橋が壊れているので、奥の院のみの登拝。
奥の院から登らせて頂くというのは、楽をしているような氣がして氣が引けていたけれど、
そんな私の想いとは裏腹に、お山はいつも以上に温かくて優しかったです。

今日は何故だか、上ばかり見上げてしまいました。

RIMG2511.jpg

頂上は、真っ白。
一面真っ白の空間の中、お祈り。

風を感じ、空氣を感じ。
自然を感じながら祈るというのは、
まさに自然でした。

RIMG2524.jpg

大きなブナの木に、ご挨拶。

RIMG2515.jpg

氣づくと、辺り一面クリアに。

RIMG2530.jpg

行きと同じ所で、最後にパチリ。
柔らかな氣とともに、送り出して頂きました。

RIMG2539.jpg

その後は、温泉に入りながらヒーリング。
身体の滞りを流して頂いたら、
色んな意味でのぼせてしまったようで、頭はクラクラ。

バスの時間まであと数分で、走っても10分はかかるんだからもう間に合わない。
でも、神社の方が、素早い行動でバスの方と連絡をとってくれて、
別の方が車を用意して下さり、バス停まで乗せていって頂きました。

クラクラしてて、お礼もまともに言えなかったけれど、
人の心も優しさに包まれていました。

帰りは、元氣満タンで、
今もまだまだ続いています。
ありがとうございました(o^-^o)

頂いたこの優しさは、別の形で私が誰かに渡していきたいと思います。

いづみ

スポンサーサイト

| 行ってきました | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://izumikokohan.blog.fc2.com/tb.php/41-70c2bd26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。